世界で実際に行われているおもしろ占い

日本でも占いは多くの方が行っていますが、海外ではどのような占いが主流となっているのでしょうか?今回は世界で行われている面白い占いを紹介していきます。日本には数多くの占いがありますが、海外でも同じようにたくさんの占いがあるのでしょうか?
・タロット占いです。海外で有名な占いとして連想できるのはタロット占いです。凍れは、イメージでいうと、魔女がいた時代からの占いのように見えるのですが、実はまだ新しい占いと言えます。今ほど人気になったのは、1970年代からで実際に人々にタロット占いが広まったのは、19世紀頃となっていて、タロット占いの起源は15世紀のイタリアと言われていますが、当時は全く無名のカードだったそうです。
・フォーチュンクッキーです。サンフランシスコ発祥と言われているこの占いは直径5センチくらいの二つ折りの薄焼きクッキーでその中に運勢が書かれたおみくじが入っています。アメリカやカナダの中華料理店で食後に出てくることがあります。中国本土では見られなかった習慣で、日本の北陸地方などで新年の祝いに神社で配られていた辻占煎餅が移民によってアメリカに持ち込まれ、第二次世界大戦後に中国料理店がこれを取り入れたと言われています。アメリカでは、フォーチュンクッキーは中国発祥と思われていますが、そこは日本由来の物だという事を主張したい場面でもあります。
・365誕生日占いです。365日それぞれの日ごとに特徴が書かれている365日うらないもすごく人気となっています。好きな人が出来と、インターネットで調べる人が多いと言われています。日本にもこの占いは存在していますが、外国版の365日占いは、割とキツイ事が書いてあるという傾向にあります。
このように海外では、様々な占いが行われていますが、日本では、血液型占いが身近となっています。例を挙げると誰かと知り合って少し仲良くなっていくと血液型なに?というのは日本人にとってはよくあることです。パートナーにイライラしても、っ上司にムカついても、○型だから仕方ないと納得する場面もあると思います。
これは、日本人だけの常識と言われていて、海外の血液分布のバランスがよくないという事もあり、血液型占いは、日本だけです。
実際にこうやって考えると、私も嫌な事があると、あの人○型だから私とは合わないんだなどと納得する場面もあります。血液型だけにこだわるのはよくないと分かっているのですが、やっぱり、最終的には、当たり前のようの血液型のせいにしてしまいますよね。
恋愛などをしている最中でも、何型と何型なら合うのか?とか、何型はどんな性格なのか?とか色々と調べる情報もたくさんあります。
今の時代は、日本だけかもしれませんが、24時間好きな時間に占いができるという話もよく耳にするようになってきました。やっぱり、日常の生活の中で社会人になると忙しい日々を過ごすことになり、全く周りの事が見えないで悩んでいると占いに頼ってしまいますよね。
自宅に帰ってほっとできる時間に電話占いを活用することにより、次の日からまた頑張れるような気もしますし、迷っているときなどは特に自分で決める事が出来ず、占いに頼ってしまうという人も多いと思います。
便利な時代になっていますが、海外などでは、電話占いができそうな占い方法ではありませんので、電話占いで占いを行ってくれるのも日本だけかもしれませんよね。
タロット占いも自分でできる方法などがネットで確認する事が出来て便利な時代になっていますが、本当に占って欲しいを感じている人は、ちゃんと占い師にお願いする方が良いと思います。
私は、毎日、朝の目覚ましテレビの占いを楽しみにしています。実際に順位が最後の方の場合は、今日は見なければよかったと感じる事もありますが、良い時は、自然にテンションが上がってしまいます。皆さんも占いを上手に活用して楽しく過ごせる日常にしましょう。