世界で実際に行われているおもしろ占い

日本でも占いは多くの方が行っていますが、海外ではどのような占いが主流となっているのでしょうか?今回は世界で行われている面白い占いを紹介していきます。日本には数多くの占いがありますが、海外でも同じようにたくさんの占いがあるのでしょうか?
・タロット占いです。海外で有名な占いとして連想できるのはタロット占いです。凍れは、イメージでいうと、魔女がいた時代からの占いのように見えるのですが、実はまだ新しい占いと言えます。今ほど人気になったのは、1970年代からで実際に人々にタロット占いが広まったのは、19世紀頃となっていて、タロット占いの起源は15世紀のイタリアと言われていますが、当時は全く無名のカードだったそうです。
・フォーチュンクッキーです。サンフランシスコ発祥と言われているこの占いは直径5センチくらいの二つ折りの薄焼きクッキーでその中に運勢が書かれたおみくじが入っています。アメリカやカナダの中華料理店で食後に出てくることがあります。中国本土では見られなかった習慣で、日本の北陸地方などで新年の祝いに神社で配られていた辻占煎餅が移民によってアメリカに持ち込まれ、第二次世界大戦後に中国料理店がこれを取り入れたと言われています。アメリカでは、フォーチュンクッキーは中国発祥と思われていますが、そこは日本由来の物だという事を主張したい場面でもあります。
・365誕生日占いです。365日それぞれの日ごとに特徴が書かれている365日うらないもすごく人気となっています。好きな人が出来と、インターネットで調べる人が多いと言われています。日本にもこの占いは存在していますが、外国版の365日占いは、割とキツイ事が書いてあるという傾向にあります。
このように海外では、様々な占いが行われていますが、日本では、血液型占いが身近となっています。例を挙げると誰かと知り合って少し仲良くなっていくと血液型なに?というのは日本人にとってはよくあることです。パートナーにイライラしても、っ上司にムカついても、○型だから仕方ないと納得する場面もあると思います。
これは、日本人だけの常識と言われていて、海外の血液分布のバランスがよくないという事もあり、血液型占いは、日本だけです。
実際にこうやって考えると、私も嫌な事があると、あの人○型だから私とは合わないんだなどと納得する場面もあります。血液型だけにこだわるのはよくないと分かっているのですが、やっぱり、最終的には、当たり前のようの血液型のせいにしてしまいますよね。
恋愛などをしている最中でも、何型と何型なら合うのか?とか、何型はどんな性格なのか?とか色々と調べる情報もたくさんあります。
今の時代は、日本だけかもしれませんが、24時間好きな時間に占いができるという話もよく耳にするようになってきました。やっぱり、日常の生活の中で社会人になると忙しい日々を過ごすことになり、全く周りの事が見えないで悩んでいると占いに頼ってしまいますよね。
自宅に帰ってほっとできる時間に電話占いを活用することにより、次の日からまた頑張れるような気もしますし、迷っているときなどは特に自分で決める事が出来ず、占いに頼ってしまうという人も多いと思います。
便利な時代になっていますが、海外などでは、電話占いができそうな占い方法ではありませんので、電話占いで占いを行ってくれるのも日本だけかもしれませんよね。
タロット占いも自分でできる方法などがネットで確認する事が出来て便利な時代になっていますが、本当に占って欲しいを感じている人は、ちゃんと占い師にお願いする方が良いと思います。
私は、毎日、朝の目覚ましテレビの占いを楽しみにしています。実際に順位が最後の方の場合は、今日は見なければよかったと感じる事もありますが、良い時は、自然にテンションが上がってしまいます。皆さんも占いを上手に活用して楽しく過ごせる日常にしましょう。

占い師になるまでの道|専門知識の習得、年収など

最近では、占いに興味を持っているという人も増えています。その中で、占い師に名までの道のりって知っていますか?今回は、占い師になるまでの道のりとなる専門知識や年収について紹介していきたいと思います。
占い師は、相談者が抱えている様々な悩みを、占いの技と人生経験上のアドバイスで解決していく仕事ととなっています。占いの技法は様々となっていて、専門分野を絞って占いを行う人もいますし、複数の技法をケースにより使い分けて占いを行う人もいます。
占う環境としても、対面、電話、ネット、メールなどの種類があり、全体的に恋愛相談が多い中でも対面占いの場合には、金銭問題や仕事の相談、土地購入、家族の病気などといった幅広い範囲を取り扱う事が多いと言われています。
占い師になる為には、特別な資格は必要ありませんが、占いの技術は最低限必要となってきます。独学でも可能となていますが、占術を体系的に学ぶ事が出来る学校やプロの占い師に弟子入りする方法などもあります。
技術がある程度身に付くことにより、周りの人を占って業務範囲を広げる事が出来て、占い会社の面談を受けて、占い師として採用してもらう事も可能となっています。更に人と直接会話やメールをする機会が多くなってしまうので、コミュニケーション能力や話術も同時に磨いていく必要があります。
気になるのは、占い師の給料ですが、働き方や個々の占い師の技量により異なってきます。基本的に出来高制となっているので、沢山のお客さんの相談を
受けるほど収入を増やす事が出来ます。
占い会社に所属している場合には、手元に入ってくる費用として、対面の場合には、4~5割程度となっていて、電話占いの場合には、2~3割程度となっています。中には予約が殺到してしまうほど人気の占い師もいますが、一般的には、年収は200万円程度という人が多いと言えます。福利厚生も充分ではないという場合が多いようです。
占い師として生計を立てていく為には、簡単な事ではありませんが、会社に所属することなく、個人で開業するという人が多い職業ですが、何よりお客さんがつかない場合には、収入も少ないと言えますし、経験が浅い間は、不安定な生活となってしまいがちです。
占い自体に興味を持つ人は多いと言われていて、営業の工夫と努力次第で大きく成功するチャンスもあるのです。基本的には、占い師になったばかりの頃は、会社などでコツコツを実績を積み重ねるようにして、自分の信頼を得て開業するという方法もあります。
占い師になりたいと感じている人も多いと思いますが、占いは多くの方が興味を持っていることですが、仕事としては、年収が200万円程度ということで、お勧めできませんが、自分の努力次第では、200万円以上稼いぐ事も出来ますので、努力を行っていきましょう。
更に、最近では、電話で占いをお願いしたいと考えている人も多いのですが、出向く必要もなく、自分の好きな時間に占いをすることが出来るという人もいます。時間を決めるのではなく、24時間対応などとすることにより、お客さんも増えると思いますが、時間帯が、短い場合には、収入も少なくなってしまいます。電話鑑定無料でやりたいなら→
また、電話占いを相談する人にとっては、愚痴などを話すという人も多くなっている今の時代では、きちんと話を聞いてあげるという事も大事です。占い師というプライドだけを持っていても、成功するとは言えません。
相手の話をきちんと聞いて、アドバイスしていくうえでは、占わないでも人生の経験で相手の気持ちが分かったり、相手に伝えるアドバイスが違ってきます。そんな中で、最終的に何を占って欲しいと感じているのかを把握するコミュニケーション能力を磨くことにより、リピーターさんも多くなりますので、占い師の仕事で生計を立てていきたいと感じている人は、24時間、昼間は対面、夜は電話などと自分なりに工夫することにより、良い占い師になる事が出来て、年収もアップさせることが出来ます。
占いを行った結果を伝えれば良いというものではなく、話をしていて、少し自信がないという人は、元気が出る様なアドバイスなどもしていく必要があります。占いの結果をすべてと考えるのではなく、自分の人生経験のアドバイスも必要となってきますので、色々なことに挑戦して、色々な勉強をする必要があります。
お客さんの立場になり、占ってあげる事が出来る占い師は人気で、実際にテレビなどにも出る占い師さんもいますよね。有名になると占い師でも数千万という年収を目指す事が出来ますし、引っ張りだこで自分の時間もないくらいスケジュールが埋まってしまう事もあります。
占い師になろうと考えている人は、誰よりも上を目指せる占い師を目指してみましょう。学校で学んで、会社で学んでその間に独学で学ぶすべてを取り入れることにより、色々な知識を身につける事が出来ます。